インプラント治療の流れ

ホーム > インプラント治療の流れ

サン歯科クリニックのインプラント治療の流れ

「インプラント治療は、どれくらい期間がかかるの?」「治療はどんなふうに進んでいくの?」

と不安に感じたことはありませんか? 虫歯治療と違い、インプラント治療の経験がある方はまだそんなに多くはずです。そのため治療期間や進行など、わからないことも多いのではないでしょうか。

こちらのページでは、奈良県の歯医者「サン歯科クリニック」がインプラント治療の流れをご紹介します。一人ひとりの治療計画は、お口の中の状態やインプラントの本数などによって異なりますので、まずはお気軽にご相談ください。

STEP1 ご相談

はじめにカウンセリングを行い、歯を失った原因や、そのほかのお口についてのお悩み、また全身の健康状態などについてくわしくお伺いします。インプラント治療の概要などをご説明しますので、わからないことがあれば何でもおたずねください。

STEP2 検査

インプラント治療には、事前の精密検査が欠かせません。当院では3DCTを用いて、あらゆる角度から患者様の顎の骨の状態を3次元画像で取得します。その結果をもとに診断を行い、患者様のご要望をふまえ、治療計画を立案します。

STEP3 治療計画のご説明

インプラント治療のナビゲーションシステム「Invivo」による診断をもとに立案した治療計画について、治療内容やスケジュール、費用などをくわしくご説明します。その際には、マイクロスコープで設営した、現在のお口の中の状態を見ていただくことも可能です。

STEP4 事前治療

検査によって虫歯や歯周病などが見つかった場合には、先にそちらの治療を行います。また、インプラントを埋め込む部分の顎の骨量が不足している場合には、再生治療を行い、骨量を確保します。

STEP5 インプラント埋込(1次手術)

インプラント治療では、通常2回の手術を行います。まず1次手術では、歯肉を切開して顎の骨にインプラントを埋め込みます。

STEP6 治癒期間

インプラントと顎の骨が結合し、安定するまで治癒期間をおきます。期間は、採用するインプラントの種類や個人差によって異なりますが、通常3~6ヶ月程度です。

STEP7 アパットメント取り付け(2次手術)

インプラントが安定したのを確認して、再び歯肉を開き、インプラントの上部にアバットメント(上に被せる人工歯との接続部分)を取り付けます。

STEP8 人工歯の装着

歯ぐきが治癒するのを待ち、アバットメントに人工歯を装着します。人工歯は、仮歯の段階で様々なチェックを行ったうえで製作しますので、機能性・審美性ともに精度の高いものになります。

STEP9 メンテナンス

インプラントを快適に使い続けていくためには、メインテナンスが欠かせません。毎日のブラッシングはもちろん、定期検診できちんとメインテナンスを受けましょう。

治療後のケアについてくわしくはこちら