特殊なインプラント治療

ホーム > 特殊なインプラント治療

様々なニーズに応えるインプラント治療法

「他院で、顎の骨が少ないからインプラントは無理だといわれてしまった」「歯がない期間を短くしたい」「手術の痛みや腫れが心配で仕方がない」「歯ぐきを切らずに治療してほしい」

インプラント治療を希望しながら上記のようなお悩みがある方に朗報です。奈良県の歯医者「サン歯科クリニック」では、インプラント治療についての様々なニーズにもできるかぎり対応しています。こちらのページでは、当院で行っている特殊なインプラント治療についてご紹介します。

特殊なインプラント治療にも対応

当院では、様々な症例に対するインプラント治療の豊富な実績を持っており、他院では難しいといわれたケースでも対応できることがあります。ただし治療内容によっては、患者様のお口の中の状態などを診察してみないとできるかどうかの判断はできませんので、まずは一度ご相談ください。

不足している骨を増やす「再生療法」

インプラント治療は、インプラントを埋め込む部分の顎の骨量が十分でなければ行えません。そこで、歯周病などによって顎の骨が失われてしまっている場合、治療できないといわれてしまうことがあります。

当院ではそういった場合に、「再生療法」によって顎の骨量を増やし、インプラント治療を可能にしています。再生療法には次の3つの方法があります。

サイナスリフト

歯ぐきを側面からめくり上げて、上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる空間に骨補てん剤を入れ、骨の再生を促す方法です。半年ほどで骨が再生されます。

STEP 1 STEP 2 STEP 3
ソケットリフト

歯ぐきの、インプラントを埋め込む穴から上顎洞底を押し上げ、骨補てん剤を注入して再生を促す方法です。歯ぐきを切開・縫合する必要がないため、傷が小さく、痛みや腫れも少なくて済みます。

STEP 1 STEP 2 STEP 3
GBR

再生させたい部分にメンブレンという特殊な膜を入れ、骨より再生の早い歯肉の侵入を阻止してスペースを確保しながら、骨の再生を促す方法です。

STEP 1 STEP 2 STEP 3
治療期間を短縮できる「抜歯即時インプラント」

通常のインプラント治療では、抜歯してから、インプラントを埋め込むまでに期間をおく必要があります。しかし「抜歯即時インプラント」の場合には、抜歯と同時にインプラントを埋め込むため、歯のない期間をなくすことができます。

治療期間が短縮できるうえに、「歯がないため食事がしにくい」「見た目が気になる」……といったお悩みを解決して、患者様のご負担を軽減する治療法です。

痛み・腫れを抑える「フラップレス」

通常のインプラント治療では、歯ぐきを切開してインプラントを埋め込みます。それに対し「フラップレス」は、歯ぐきに小さな穴を開けるだけです。歯ぐきの切開・縫合が不要になることで、術後の腫れや痛みを軽減し、さらに治療期間を短縮します。

インプラントで入れ歯を固定「オーバーデンチャー(ミニインプラントを利用)」

数本のミニインプラントを顎の骨に埋め込み、そこに固定する入れ歯です。入れ歯の、「ずれる」「外れやすい」「咬みにくい」といったお悩みを解消して、快適に使うことができます。通常のものより小さいインプラントを使用するため、歯ぐきを切開する必要もなく、痛みや出血も少なくて済むうえ、手術当日から食事も可能です。

インプラント治療後のトラブルでお悩みの方へ ~リカバリー治療について~

他院でインプラント治療を受けられ、「術後、痛みが治まらない」「インプラントがグラついている」「咬み合わせに違和感がある」などとお悩みではありませんか?

インプラント治療は近年急速に広まっている治療ですが、施術には高度な知識や技術、また実績が必要になります。そのため残念ながら、まれに精度の低い治療が行われ、術後のトラブルも発生しているのが事実です。

当院では、そういった事情でお悩みの方に対し、インプラントのリカバリー治療を行っています。トラブルを放置すると、リカバリーが難しくなってしまうケースもあります。一人で悩まず、まずは当院までご相談ください。

サン歯科クリニックにおけるインプラント治療の症例はこちら