矯正歯科

ホーム > 矯正歯科

矯正歯科治療で「正しい咬み合せ」と「美しさ」を

乱れた歯並びの問題は、「見た目」などの審美性だけだと思っている方は少なくありません。しかし、実際には、咬み合わせなどの機能性などにも大きな問題となります。「咬む」という機能が正しく働かなければ、全身にまで悪影響を与えてしまうこともあるのです。

奈良県の歯医者「サン歯科クリニック」の矯正歯科では、お子様から大人の方までに対し、「機能審美」を追求した矯正治療を行っています。矯正治療は、成長期にある子供のころに受けることで多くのメリットが得られますが、大人になったからといってできないということはありません。歯並びでお悩みの場合は当院までご相談ください。

不正咬合で生じるデメリット

歯並びや咬み合わせが乱れていることを「不正咬合(ふせいこうごう)」と呼びます。不正咬合は、見た目だけでなく、お口から全身にまで様々な悪影響を及ぼします。こちらでは、不正咬合で生じるデメリットをご紹介します。

デメリット1コンプレックスを招く デメリット2虫歯・歯周病のリスクを高める
「出っ歯」「すきっ歯」「受け口」などはコンプレックスになりがちです。いつも口元を手で隠していたり、人前に出ることをためらったりするなど、消極的になってしまうケースもあります。 歯並びが乱れていると、食べカスが残りやすいうえにブラッシングがしにくいため、虫歯歯周病になりやすくなります。
デメリット3消化不良の原因になる デメリット4発音に支障が出る
しっかり咬みくだいて飲み込むという行為が正しく行えず、消化不良を招くことがあります。また丸飲みしがちになることで、栄養の吸収を妨げてしまうこともあります。 舌の位置が定まらない、空気が漏れるなどといったことお口の中で起きることで、正しく発音できないことがあります。
デメリット5顎、顔つきの成長に影響する デメリット6 全身の不調につながる
正しい咬み合わせでしっかり咬むことで、顎に刺激が伝わって成長します。咬み合わせが乱れていると、咬む力も顎に均等に伝わらず、顎や顔つきの正しい成長を妨げてしまうことがあります。 咬む力は顎から首、肩と全身に影響を与えます。咬むバランスが悪いと、全身の筋肉バランスを乱してしまい、慢性的な肩こりや頭痛といったトラブルを招くことがあります。

代表的な不正咬合の症状

不正咬合には様々な種類があります。次の中に当てはまるものがあれば、矯正治療を検討したほうがいいかもしれません。一度当院までご相談ください。

叢生(そうせい)
重なり合った、でこぼこな歯並びです。歯に対して顎が小さい、顎に対して歯が大きい場合に起こります。見た目が気になるだけでなく、ブラッシングしにくいことで虫歯や歯周病になりやすくなります。
上顎前突(じょうがくぜんとつ)  
前歯または上顎全体が前に突き出している歯並びです。いわゆる「出っ歯」であり、上下の顎の成長バランスの乱れや、指しゃぶりなどのクセが原因だといわれています。見た目の問題だけでなく、「咀しゃくしにくい」「顎の関節に負担がかかる」などの問題があります。
下顎前突(かがくぜんとつ)  
下顎が上顎より前に出ている歯並びです。いわゆる「受け口」であり、「反対咬合(はんたいこうごう)」とも呼ばれます。原因には、遺伝のほか舌のクセなどが挙げられており、「咀しゃくしにくい」「発音が正しくできない」などの問題が生じます。
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)  
上下ともに前歯が前に出ている歯並びです。口元全体が前に突き出しているように見えるうえ、口呼吸になりやすいため、口の中が乾いて細菌が繁殖し、虫歯や歯周病になりやすくなります。原因には指しゃぶりや口呼吸などのクセが挙げられます。
開咬(かいこう)  
奥歯を咬み合わせても、前歯が開いている歯並びです。逆に、前歯を合わせても奥歯が閉じない歯並びも
「開咬」の一種です。咀しゃくしにくく、発音に支障が出るなどの問題が起きやすい歯並びであり、原因には小さいころの指しゃぶりなどのクセが挙げられています。

サン歯科クリニックの矯正歯科治療

当院では矯正専門医と連携をとりながら、高度な矯正治療をご提供しています。

経歴

1998年   朝日大学歯学部卒業
1998年   朝日大学歯学部矯正科入局

所属学会

・日本矯正学会
・日本口腔インプラント学会
・レーザー歯学会

ニーズに応える強制装置の種類

費用を抑えたい〜メタルブラケット〜

歯の表面に金属の小さな装置「ブラケット」を装着し、ワイヤーをとおして歯を少しずつ移動させていく、もっとも一般的といえる装置です。目立つことがデメリットですが、多くの症例に適用でき、費用を抑えることができます。

目立たない装置にしたい
セラミックブラケット

メタルブラケットと同じしくみで、ブラケットにセラミックを用いた装置です。歯の色に合わせられるため、目立ちにくくなります。

クリアブラケット

セラミックブラケットと同じく目立ちにくくするために、透明なブラケットを用いた装置です。

裏側矯正

ブラケットを歯の表面でなく裏側(舌側)に装着し、歯を移動させていく方法です。装置が表から見えないため、他人から気づかれにくくなります。また、装置で唇を切るなどといったトラブルも回避できます。

マウスピース矯正

歯型を採ってつくった透明なマウスピースを、歯の動きに合わせて一定期間ごとに取り替え、歯を移動させていく方法です。透明なため目立たないうえに、取り外しができるため、食事やブラッシングにも支障がありません。

治療期間を短縮したい〜デーモンシステム〜

ブラケットにワイヤーを固定せず、ブラケットの中で動くことができる構造になった装置です。無理な力がかからないため痛みが少なく、治療期間を短縮することができます。ただし、歯並びの状態によっては適用できないケースもあります。

部分的に治したい〜MTM〜

気になっている1~数本だけ、歯並びを治したいという場合に行う治療です。歯列全体の矯正治療と違い、治療期間を短縮できるうえ、費用を抑えることも可能です。

〜きれいな歯並び〜を保つために

矯正治療によって歯並びが整ったとしても、装置を取り外したとたん歯は元の位置に戻ろうとしはじめます。そうした後戻りを防ぐために、治療後に「保定期間」を設け、保定装置を装着して、移動した歯をその場所に安定させます。

せっかく矯正治療によってきれいになった歯並びは、維持したいものです。長くかかった治療期間を無駄にしないよう、保定期間も最後まできっちりと装置を装着しましょう。

サン歯科クリニックにおける矯正治療の症例はこちら