歯周病治療

ホーム > 歯周病治療

健康な歯を失ってしまう一番の原因「歯周病

プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が出す毒素によって、歯を支える顎の骨や歯ぐきが徐々に溶かされていく病気、歯周病。初期のものを「歯肉炎」、それ以降のものを「歯周炎」といいます。多くの日本人がかかっているといわれており、歯を失う原因の第1位でもあります。

歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれるほど、初期にはほとんど自覚症状がありません。知らず知らずのうちに悪化してしまう点が特徴です。お口の中の機能が失われてしまう前に、奈良県の歯医者「サン歯科クリニック」までご相談ください。当院では「機能審美」の考え方を大切にしており、重度の歯周病には再生治療などをご案内。美しい口元であること、そしてしっかり咬めることの両立を目指しています。

歯周病の危険性

歯周病はお口の中だけでなく、全身にまで悪影響を与えることがわかっています。

成人の80%がかかっている!?歯周病は「歯を失う2大原因」の1つ

2005年に行われた厚生労働省による歯科疾患実態調査によると、歯周病は日本人の25歳以上の約80%がかかっているというデータが出ています。さらに中高年になると、その半数以上が中期~後期の歯周病であるとされています。


歯周病は初期段階に自覚症状がなく、気づかないうちにどんどん悪化し、それを放置すれば最後には歯は抜け落ちてしまうことに。歯を失う原因としては、虫歯を思い浮かべる方が多いかと思いますが、歯周病も「2大原因」のうちの1つなのです。

歯だけでなく全身への悪影響も

歯周病は、お口の中だけでなく全身に様々な影響を与えることがわかっています。歯周病菌が気管や血管、食道などを通じて全身をめぐることで、肺炎や心臓疾患、脳卒中などを引き起こす確率を高めてしまうのです。とくに糖尿病との関係性は深く、互いの発症や悪化を招き合うといわれています。

妊娠中は特に注意が必要

妊娠中に歯周病にかかると、早産や低体重児出産の確率が、通常の約7倍にも上るともいわれています。
ご自身の健康のためはもちろん、お母様はお腹の赤ちゃんのためにも、日ごろから歯周病の予防・治療を心がけましょう。

こんな症状は歯周病のサイン

次のような症状は、歯周病のサインだといえます。当てはまるものがあれば、できるだけ早くご相談ください。

歯ぐきの腫れ、
変色がある
口臭が強くなった 朝起きたとき
口の中がネバつく
ブラッシングすると
歯ぐきから血が出る
歯ぐきが腫れたり、赤色や赤紫色になったりします。 歯周病菌は強い臭いを発生します。菌が繁殖していることが考えられます。 だ液中に歯周病菌が増えると、ネバネバすることがあります。 歯ぐきに炎症が起きると、出血しやすくなります。
歯が長くなった
ように見える
歯に食べ物が
はさまりやすくなった
歯が浮いたような
感じがする
歯が動く
グラグラする
歯周病が進行すると、歯ぐきがやせて、歯が長くなったように感じます。 歯と歯のすき間が広がって、食べ物がはさまりやすくなります。 顎の骨が溶けはじめると、歯がしっかりと支えられず違和感が生じます。 顎の骨や歯ぐきが溶け、歯を支えられずにグラつきはじめます。

自覚症状が出る前に歯周病検査を

歯周病は初期には自覚症状が出ないため、気づいたときにはかなり悪化していた……というケースも少なくありません。そのため、早くから検査を受けることが大切です。当院では次の3つの方法によって検査を行っています。自分のお口の中の状態を知り、進行が見つかったらできるだけ早く治療を受けましょう。

歯周病検査の種類
歯周ポケット検査 専用の器具を用いて歯と歯ぐきの境目の溝「歯周ポケット」の深さを調べます。深ければ深いほど、進行していることがわかります。
歯の動揺度検査 歯をピンセットでつまみ、揺れる度合いを調べます。揺れが大きいほど、進行していることがわかります。
レントゲン検査 レントゲンによって顎の骨の状態を調べます。薄く写っていれば、骨が溶かされていることがわかります。

歯周病治療について

歯周病治療は、進行段階に合った方法で行います。

進行状況 歯周ポケットの深さ 治療法
【初期】
3mm以下 専門的な歯のクリーニング「PMTC」によって、プラークや歯石を除去します。
【中期】
4~5mm PMTCに加え、消毒薬による洗浄などを行います。
【後期】
5mm以上 PMTCや消毒液による洗浄に加え、患部または全身に抗生剤を投与することもあります。また外科的処置によって歯根の先にこびりついたプラークや歯石、感染した歯肉組織などを除去します。

歯周病が重度にまで進行すると、治療はプラークや歯石の除去だけではなく、失われてしまった顎の骨や歯肉を再生する治療が必要になります。当院では患者様の症状に合わせ、以下の治療を行っています。

  • CTG(結合組織移植)    
  • FGG(遊離歯肉移植)    
  • GTR(歯周組織再生誘導)
  • 骨移植    
  • エムドゲイン(歯周組織再生誘導療法)など

サン歯科クリニックにおける歯周病治療の症例はこちら