予防歯科

ホーム > 予防歯科

しっかり咬めて、美しい歯を維持するために

歯医者に行くタイミングは、「口の中で何かトラブルが起きてから」という方がほとんどではないでしょうか。実はこの認識は日本で長く根づいてしまった間違った考え方なのです。なぜなら、虫歯は風邪などと異なり、一度かかったら治療をしても元どおりには戻りません。さらに一度治療すれば再発のリスクを背負い、治療をくり返して歯を失うことにつながってしまいます。つまり大切なのは「悪くなる前に予防すること」なのです。

奈良県の歯医者「サン歯科クリニック」の予防歯科では、歯が持つ機能と美しさの両方をふまえた「機能審美」を重視した診療を行っています。悪くなる前から予防歯科に通っていれば、何か異変が起きたときにも早期対応を行えます。しっかり咬めて美しい歯を維持するために、予防歯科へ通う習慣づくりをはじめましょう。

予防歯科に通うメリット

予防歯科で定期的に検診やメインテナンスを受けていると、次のようなメリットが得られます。

メリット1 メリット2 メリット3
毎日のブラッシングでは取り除けないプラーク(歯垢)や歯石も、専門的なクリーニングによって取り除くことができる。 お口の中の健康が維持でき、自分の歯を長く使い続けることができる。 早期発見・早期治療ができ、治療が簡単に終えられることで時間や費用などの負担が軽減できる。また、症状や治療による痛みも回避できる。
メリット4 メリット5 メリット6
ブラッシング指導によって、自分に合ったケアグッズや正しいみがき方を知ることができる。 クリーニングによって軽度の歯の着色汚れを落とすことができる。 お口の中を常に清潔に保つことができ、口臭除去はもちろん、予防にもつながる。
〜定期検診の重要性〜

お口の中の状態は日々変化しています。それは治療をした後にも同じことがいえます。また、一度治療した箇所には再発のリスクが生じます。治療後にはとくに、定期検診メインテナンスが重要になるのです。

当院では一人ひとりの患者様のお口の状態に合わせて期間を設定し、定期検診のご案内をしています。定期検診に通っていれば、お口の中を治療後のよい状態のまま維持し、機能審美を高めることができます。ご自身のために定期検診は必ず受けるようにしましょう。

当院の予防歯科メニュー

プラークの染め出し

染色液を使って歯に残っているプラークを赤く染め出し、みがき残しを調べます。日頃のブラッシングのクセを知ることができます。

ブラッシング指導

プラークの染め出しを行った結果をもとに、歯科衛生士が一人ひとりの歯並びの状態などに合わせた適切なブラッシング方法を指導します。また、歯ブラシやデンタルグッズの選び方などもお教えします。

フッ素塗布

細菌の繁殖を抑制したり、歯の再石灰化を促したりする効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布して歯質を強くする処置です。定期的に行うことで、虫歯への抵抗力を高めることができます。

PMTC

PMTCとは、歯科の専門家が専用器具を用いて、歯の汚れを徹底的に取り除くクリーニングです。日ごろのブラッシングでは落とし切れてない汚れが取り除かれ、虫歯・歯周病の予防につながります。最後に歯面をツルツルにみがき上げ、汚れの再付着も防ぎます。

3DS

マウスピースによって抗菌剤・除菌剤などを直接歯に作用させ、虫歯菌や歯周病菌を減らす処置です。PMTCと併せて行うことで、より虫歯歯周病の予防への効果が高まります。