一般歯科・根管治療

ホーム > 一般歯科・根管治療

虫歯から大切な歯を守りたい

ほとんどの方が、「虫歯が痛い」「しみる」という症状を経験したことがあるのではないしょうか。虫歯はそれだけ身近な病気ですが、一度かかると再発のリスクを背負い、悪化を招き治療をくり返してしまっているという方も少なくありません。悪化すれば抜歯もまぬがれないだけに虫歯は、早めの治療が大切です。

こちらのページでは、奈良県の歯医者「サン歯科クリニック」が、重度の虫歯に対して行う根管治療(こんかんちりょう)についてくわしくご紹介します。大切な歯を失う前に、正しい知識を元に治療を受けましょう。

高い技術を要するこんん感治療とは

虫歯は悪化すると、歯根の奥の根管(こんかん)という細い管にまで達し、中に入っている神経や血管を死滅させてしまいます。ここまで進行した虫歯を放置してしまうと、あとは抜歯するしかありません。しかし、歯は1本でも失うと、歯並びや咬み合わせを乱してお口の環境を悪化させる可能性があります。そこで、歯を残すために行うのが根管治療なのです。

根管治療とは、根管の中から死んでしまった神経や血管を取り除き、内部をきれいに消毒して薬剤をすき間なく詰める治療。複雑に曲がり、枝分かれしている根管を扱う精密な治療であり、確実に行わないと虫歯を再発させてしまうため、高い技術が求められています。

当院は根管治療の実績が豊富であり、マイクロスコープなどの先端機器を用いて、精密な治療を実現しています。歯を失ってしまうほど症状を悪化させる前に当院までご相談ください。

根管治療の分類

根管治療には様々な種類があり、当院では一人ひとりの患者様の症状に適した方法を選択しています。

生活歯髄療法

「神経がわずかに露出しそうである」または「わずかに露出している」部分に対し、必要最小限の神経の除去を行い、できるかぎり温存することを目的として行う治療です。神経を残すことで歯の長期保存できる可能性が高まります。

抜髄処置

もっとも一般的な根管治療です。根管から死んでしまった神経や血管を取り除き、これ以上の悪化を防ぐために行う処置です。

感染根管処置

過去に抜髄処置を行った部位が、再び細菌感染を起こした場合に行う治療です。死んでしまった神経や血管を取り除いて根管内をきれいに洗浄・消毒し、すき間なく薬剤を充填する処置を行うことで、さらなる悪化を防ぎ根の先を守ります。

再根管治療

根管治療を行ったにもかかわらず、違和感がなくならない、痛みや腫れが再発した、などという場合に行う治療です。先の治療の精度が低かった、被せ物のすき間から新たに細菌が入り込んだ場合に必要となります。

外科的歯内療法

一般的な根管治療では対応できないほど進行している場合には、外科的処置を用います。神経や血管の除去だけでなく、奥に膿の袋が出きたときには、歯根の先端を切除して取り除く「歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)」という手術などを行うこともあります。

外傷処置

転んだり、何かにぶつかったりした場合に、歯が脱臼・亜脱臼することがあります。このときにも根管治療が必要です。これらの症状は表から確認することはできませんが、早めにしっかりと治療を行うことで治癒できる可能性を高められます。

正確かつきれいに治療するために-

精密性が求められ、とても難しい根管治療は、再治療が必要になってしまうケースも少なくありません。しかし、再治療では先に充填した薬剤を取り除いてから行う必要があるなど、さらに難易度が高まります。

再治療を不要にするには、1回目の治療を正確かつきれいに行うことが大切です。そこで当院では以下のような先端機器をそろえ、治療の精度を高めています。

肉眼では見えない部分を拡大して確認 〜マイクロスコープ〜

根管は歯根の中を通るとても細い管であり、その内部を肉眼で見ることはできません。そこで当院では、患部を5~10倍に拡大して見ることができる顕微鏡「マイクロスコープ」を使用し、治療の精度を高めています。

米国においてマイクロスコープは、根管治療への使用が義務づけられているほど欠かせない機器です。目で見てしっかり確認しながら治療を進めることで、医師の経験や勘に頼ることなく、正確な根管治療が行えるのです。

きれいに根管形成するために 〜ニッケルチタンファイル〜

根管治療では、死んでしまった神経や血管を取り除いた後、根管の先端まですき間なく薬剤を充填するために、根管をきれいに形成・拡大する必要があります。当院ではその際に、従来のステンレス製のものより弾力を持つニッケルチタンファイルを採用しています。 湾曲した根管にもしっかりフィットすることで、根管内の異物の除去にも有効です。

〜どうしても歯を抜かなければいけなくなったときには〜

当院では、できるかぎり歯を抜かずに残す治療を選択していますが、周囲の歯への影響を考えた場合などにはやむを得ず抜歯をするケースもあります。その場合、ただ歯を抜いて終わりにしてしまうと、見た目が気になるだけでなく、歯並びや咬み合わせにも影響し、お口の中のバランスを乱してしまいます。

そこで奈良県の歯医者「サン歯科クリニック」では、歯の持つ「機能性」+「審美性」=「機能審美」を重視したうえで、インプラント治療入れ歯治療をご提案しています。歯を抜いたときにはそのままにせず、次の治療を検討しましょう。

 

入れ歯治療のご案内

当院ではインプラント治療だけでなく、入れ歯治療も行っています。入れ歯には、「外れやすい」「はめると痛い」などというお悩みがつきものですが、その原因として考えられるのは「入れ歯が合っていないこと」が考えられるでしょう。

合わない入れ歯を使い続けていれば、残っている歯や歯ぐき、顎の骨には大きな負担がかかり、悪影響を及ぼしてしまいます。そこで当院では正確な診査・診断のもと、一人ひとりのお口にぴったり合った快適な入れ歯をご提案します。

古くから親しまれている入れ歯には、「手術が不要」「費用を抑えられる」といったメリットもありますので、当院までお気軽にご相談ください。

当院の入れ歯治療

当院では、保険適用の入れ歯をはじめ、素材や様式を自由に選択できる自費診療のものまで、様々な入れ歯を取り扱っています。ご要望にもしっかり対応いたしますので、何でもお気軽にお申し出ください。

・コンプリートデンチャー(総入れ歯)の症例
床部分に金属を用いた、自費診療のコンプリートデンチャーです。人工歯の形や色はもちろん、歯ぐきの色味まで、自然な仕上がりとなっています。